カウンタ

パルス幅はひとまず置いておいて、カウンタを試してみます。 プログラムはこんなの。難しいところはなさそう?

難しさと言えば、多機能ボードなのでいろいろな端子が すでに使われていて、残りの端子でなんとかする必要が あります。 今回はタイマ2のETRをカウンタ入力端子として使いました。

f:id:yamamoto-works:20190602233221p:plain