旧ホームページを更新しました(笑)

15年くらい放置していた旧ホームページを更新しました。 といっても、トップページを変えただけで、 内容は変わっていません。

yamamoto-works.jp

年明けから、新しい言語を学習しようという活動を始めていて、 まずはHTML/CSS/JavaScriptに取り組んでいます。 (新しい言語ではないのですが)

その成果が、この、しょぼいページです(笑)

もう少しやりたいことがあったのですが、あまりにも消耗したので これで良いです。内容もしょぼいですし。

ちなみに、HTML/CSS/JavaScriptはドットインストールで 基本を学習しました。その後、Manaさんのすばらしい本を 参考にしました。 このすばらしい本から、どうしてこんな、しょぼいページが できるのか、自分でも不思議ですが。

https://dotinstall.com/

www.sbcr.jp

気が向けば、手直しするかも。

PSoC カウンタ(TCPWM)

PSoC 101の Lesson7をもとに、タイマ系のコンポーネントである TCPWMを使ったカウンタの動画を作りました。


009 PSoC カウンタ(TCPWM)


今回の動画は、TCPWMを使ってカウンタを作り、 スイッチを3回押すと割り込みが発生して、 その割り込み処理内でLEDを点灯・消灯するものです。 それ自体は特に難しいところもなく、新しく導入した マインドマップを使ったプレゼンを試みています。

ところが、動作を確認してみると、初回はスイッチを 4回押すとLEDが点灯し、その後は3回で点灯・消灯します。

なぜ初回だけ動作が違うのか、いろいろ試しましたが わかりません。調べていくうちに気づいたこととして、 このボードに載っているPSoCのチップの型番に、 写真のようにESという文字が書いてあります。

ES版のチップなら、何か変なことが起こっても しかたがない、と考えることにしました。

f:id:yamamoto-works:20200204004324j:plain


PSoCであそぼ - もくじ - (無)やまもと製作所の作業記録

PSoC ベーシックカウンタ

PSoC 101のLesson6をもとに、ベーシックカウンタの動画を作りました。


008 PSoC ベーシックカウンタ


今回の動画は、カウンタを作ってスイッチを押した回数を数えて、 その数に応じて点灯するLEDを決めるものです。 動画にはしていませんが、青色LEDを使おうとすると、 やはり同じエラーが出ます。ということは、ベーシックカウンタも UDBを使って実現しているんですね。

配線にバスが使えるよ、というのがもう一つのテーマでした。 で、そのバスに1本ずつ結線する方法を学びました。


ところで、動画を作るのにすっかり慣れて、この程度の手抜き編集なら わりと短時間でできるようになりました。最初の苦労は何だったのか、 という感じです。

ただ、音声の収録環境が悪く、横で暖房器具が騒音を出していて、 その見直しが必要ですね。


PSoCであそぼ - もくじ - (無)やまもと製作所の作業記録

PSoC フリップフロップ

PSoC 101のLesson5をもとに、フリップフロップの動画を作りました。


007 PSoC フリップフロップ


肝心のフリップフロップに入る前に、昨日の動画で発生した、 青色LEDをハードで制御しようとするとエラーが出る問題について 調べました。

結論から言うと、このボードを使っている限り、このエラーは 回避できません。 PSoC 4200Mでは、ポート3以下は問題ありませんが、ポート4以上では UDBと接続されていないようです。 青色LEDはポート6なので、この制限に引っかかります。 残念ながら、どうしようもありません。


今回の動画は、そのUDB内にフリップフロップを作って遊んでみる、 という内容です。まあ、サイプレスの動画と同じようにできました。 UDBを活用すると、いろいろできそう、ということは分かりました。

ところで、そのサイプレスの動画で、講師の人の最近の姿が 撮影されていて、動画の中でも言及されていました。

この方はIoT expertとしてブログも公開されています。 これですね。

IoT Expert - Engineering for the Internet of Things

最初は怖いおっさんかと思っていましたが(笑)、ファンになりました。


PSoCであそぼ - もくじ - (無)やまもと製作所の作業記録